Nabe’s English Class News Vol.17

こんばんは、渡邊です。
物凄ーく久しぶりの投稿ですが、ご勘弁下さい。
新年度が始まるといろんな変化があって対応するのに四苦八苦、
歯車が噛み合うまでは落ち着かない、
この仕事を何年しているんだと言われればそれまでですが、
それでも慣れないものです。

今日は中2の話です。
先日、保護者懇談会がありました。
ご参加いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
残念ながら都合がつかずにご参加いただけなかった場合には
随時、個別に面談をいたしますので、お申し出下さい。

何だか焦点の定まらないぼんやりした保護者懇談会になってしまいましたが(笑)、
僕たち中2担当が伝えたかったことは1点に尽きます。

「内申点だけは確保しておこう。」

学校間格差や担当教師の裁量に左右される今の制度が明らかに間違っているのは言うまでもありません。
かつての相対評価は、少なくとも現在と比べれば、明らかに公平でした。
もはや崩壊してしまった内申点制度ですが、制度に文句を言っても仕方ありません。
内申点と当日点で合否が決まるシステムに変わりはありません。
ですから、是が非でも内申点を確保しましょう。

特設クラスは今日から試験対策を始めました。
「質より量」がテーマです。嫌になるほど問題を解きましょう。
選特クラスはしばらくは先に進みます。
定期試験に向けた予定を自分で組めること、
そして結果を残すことが選特クラスの条件です。
期待しています。

中学3年間でもっとも重要な学年を迎えています。
僕も緊張しています。分からないかもしれませんが(笑)
勝負どころに妥協はありません。お互いに全力でぶつかりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です