Nabe’s English Class News Vol.16

おはようございます。渡邊です。
この投稿は訳あって早朝の麻布のロイヤルホストで書いています。
いつもは仕事が終わって自宅でビールを飲みながら書いていますから、珍しいパターンです^^;;
でも、抜けるような青空を眺めながらキミたち生徒のことを考えるのもステキです。

さて、2017年度も終わろうとしています。
僕にとっての今年度は、特に下半期は目の回るような忙しさでした。
12月から1月にかけて10kg近く痩せましたよ(笑)

高2はZクラスから順番に授業内容が重たくなり、毎回、緊張を強いられるようになりました。そうは見えなかったかもしれませんが(笑)
当然、準備にも時間がかかるようになって、いくら時間があっても足りない日々が続きました。
今は少し落ち着きましたが、4月からABコースは英文解釈、Zコースは英作文を始めます。
お互いの負担は増える一方ですが、あと1年です。大きな勝負が待っているのですから、腹を括りましょう。
勝負事は勝たなきゃ意味がないって、いつも言ってますよね!僕は負けず嫌いなんです。勝つためなら何でもします。キミたちも同じであってほしいと思います。

今年度の途中から中1の英語も担当することになりました。
正直言って担当した当初は状況の酷さに愕然としました。英語ができないのはもちろん、授業を聞くことができない、ノートすらまともに取れない…。
本腰を入れてテコ入れをし、生徒たちとできるだけ直接話をするようにしました。そして根本から考え方を変えさせるために、大きな犠牲をいくつも払ってきました。しかしそれは間違っていなかったと確信しています。
個別に心配な点はありますが、全体的にはもう大丈夫です。思春期を越えて精神的にも成長してくれば、どこに出しても恥ずかしくない努力集団になりますよ。これからが楽しみです(^^)

休む間もなく新年度が始まります。
ノートや筆記用具を新調したり、新しいカバンを買ったりして気分を新たにして、この春からは頑張るぞって気合を入れていた昔の自分を思い出します。春っていいですよね(^^)
でも、すべきことは何も変わりません。できなかったことを謙虚に振り返って反省し、素晴らしいスタートを切りましょう。お互いにね。

何度もこのブログで引用していますが、やはりこの言葉。
It is never too late to become what you might have been.
(なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。)
人生とは夢と理想を追い求めることです。それをあきらめたら、生きていないのと同じです。自分自身の人生なんですから、大きな夢と理想を持って、自分の足で立ち、自分の意志で全力で生きましょう。
他人の人生ではなく自分自身の人生を生きている実感があるのなら、努力も苦にならないはずです。

今年度はキミたちの努力に何度も救われました。そして、たくさんのことを学ぶことができました。本当にありがとう。
2017年度もさらに学び、キミたちの力になれるよう努力する決意です。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です