Nabe's English Class News Vol.6

こんばんは。渡邊です。
結局こんなにご無沙汰な投稿で言い訳もありません。
ですが、
思うところが多ければ多いほど、言葉を探し、言葉を選ぶ。
その繰り返しだったと思っていただければ幸いです。

今年度出会ったある生徒の話。超優秀な生徒です。
その生徒は考えるんですね。
疑問が生じても、その疑問を整理して、自分の言葉になるまで考える。
自分の言葉で質問したい。
論点を整理して、自分なりに究極に疑問を突き詰めてから質問に来る。
その後の僕とその生徒の話は面白くて、
僕はもはや質問を受けている訳ではないんです。
一緒に同じ問題を同じ方向を向いて考える。
その過程が何と楽しいことか。

今だに未熟な僕ですが、
もう思い出せば恥ずかしいほど未熟な頃に、
そんな経験をしました。
そんな過程が楽しくて、
結局この仕事をしているんだということを思い出しました。

勉強は、学問は、絶対に自発的なものでなくてはなりません。
でも、そのきっかけを与える責務が自分にあることを、
改めて痛感しています。
暗記、宿題、テコ入れ…それもいい。
でも、自分に勉強が必要だと思うのか思わないのか。
やらされるのを良しとするのかしないのか。
自分で考えろって話です。
環境は全て整っている。君はどうする?

その問いかけが一番大切だと思ってきたはずなのに、
どこか忘れた感があって、
でも、その基本に立ち戻った2016年の後半でした。

高2も、中1も、
残念ながら担当が僕なのですから、覚悟してくださいね。
高2の決起集会?それは個々人ですることです。
決起とは自発的なものでしょう?
なぁんて言うから誘われないのかな(笑)

ちなみに最近、
もうひとつステキな出会いがあったのですが、
これは自分のあり方を変えるようなものでした。
その話はまた別な機会に。

そろそろ根雪なりそうですね。
この雪が溶ける頃の自分に期待して、
毎日を過ごしてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です