Nabe’s English Class News Vol.18

こんばんは、渡邊です。
連日暑い日が続いています。
昔の思い出は脚色されるものですが、僕が幼いころは眠れないほどの夏の熱帯夜があったり、信じられないほど寒い冬の朝があったり、今よりももっと季節がはっきりしていた気がします。
そんな記憶からでしょうか、今日も札幌近郊を走ってきましたが、クーラーの効いた車内よりも照り返しの強い外のほうが心地よい気がしました。

さて、1学期も終わろうとしています。

中学2年生は数学と理科の定期試験結果が良好でした。
全体としてはこれは良い傾向です。このまま、理数メインで今年1年を終えるべきだと思っています。
英語という科目は即効性がまったくない科目です。「振り返れば英語がいる」という状況が理想です。目先の結果に一喜一憂することなく、学校の授業とTANJIの授業を大切にして下さい。反面、数学は単元ごとの理解が次につながります。江藤先生から与えられる課題をきちんとこなしてください。それが最善です。
東中先生の国語や友紀子先生の社会は、英語や数学とは異なり、キミたちの将来に極めて大切な授業です。今教わっていることが高校生になると「教養」としてはっきりと現れます。試験の点数も大切ですが、しっかりと授業に臨んで下さい。何よりも楽しむことが大切な科目です。ステキな先生方に教わっているキミたちが僕は羨ましいですよ。

高校3年生は思い出づくりの時期です。思いっきり学校生活を楽しんで下さい。勉強なんか言われなくてもしてるんだから、心配していません。それよりも青春が大切です。やりたいことを思いっきりしてください。高校生活最後ですから。夏期講習からは僕の顔色が変わりますから、覚悟してくださいね。でも、そこはもう長い付き合いですから、信頼しています。大丈夫。

楽しみな夏が始まります。
本気のキミたちと、本気の僕と、勝負です。
目指すところが同じならば、一緒に高みを目指しましょう。

Nabe’s English Class News Vol.17

こんばんは、渡邊です。
物凄ーく久しぶりの投稿ですが、ご勘弁下さい。
新年度が始まるといろんな変化があって対応するのに四苦八苦、
歯車が噛み合うまでは落ち着かない、
この仕事を何年しているんだと言われればそれまでですが、
それでも慣れないものです。

今日は中2の話です。
先日、保護者懇談会がありました。
ご参加いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
残念ながら都合がつかずにご参加いただけなかった場合には
随時、個別に面談をいたしますので、お申し出下さい。

何だか焦点の定まらないぼんやりした保護者懇談会になってしまいましたが(笑)、
僕たち中2担当が伝えたかったことは1点に尽きます。

「内申点だけは確保しておこう。」

学校間格差や担当教師の裁量に左右される今の制度が明らかに間違っているのは言うまでもありません。
かつての相対評価は、少なくとも現在と比べれば、明らかに公平でした。
もはや崩壊してしまった内申点制度ですが、制度に文句を言っても仕方ありません。
内申点と当日点で合否が決まるシステムに変わりはありません。
ですから、是が非でも内申点を確保しましょう。

特設クラスは今日から試験対策を始めました。
「質より量」がテーマです。嫌になるほど問題を解きましょう。
選特クラスはしばらくは先に進みます。
定期試験に向けた予定を自分で組めること、
そして結果を残すことが選特クラスの条件です。
期待しています。

中学3年間でもっとも重要な学年を迎えています。
僕も緊張しています。分からないかもしれませんが(笑)
勝負どころに妥協はありません。お互いに全力でぶつかりましょう。

Nabe’s English Class News Vol.14

僕の仕事はキミたちを英語という科目の本質と向き合わせて、
自分の頭で考えられるようにすることだと思っています。
その過程に定期試験や実力試験、模擬試験があるかもしれない。
でもそれは目的ではなく手段であって、
それも活かしながら道の真ん中を進んでいってほしい。
そう思っています。

だから、中1にとっての定期試験直前期は大切な時間です。
英語に限らず、目の前の問題と現実の自分に目を背けることなく、
何が足りないのか、何が必要なのかをきちんと考えて下さい。
高2はひとつひとつの試験を勉強の素材として活かして下さい。
誰の点数が良いとか悪いとか騒いでいるのはみっともないですよ。
そんなことは本当にどうでもいい。
自分自身と真剣に向き合って下さい。

とは言え、中学生にとっての定期試験は死活問題ですから、
これからの2週間は徹底的に問題練習をしましょう。
授業がしたくてしたくて仕方ないのだけれど我慢します(笑)
高2は復習に次ぐ復習の日々を送ってくれればと思います。
出会った文法事項、語彙、英文の内容、出来る限りのことを吸収してくださいね。

暦の上ではそろそろ立春です。
ステキな春になるように、お互いに毎日を過ごしましょうね。

第2回 道コン結果について

中1担当の加藤です。

8月10日(中1,2)、11日(中3)に実施された北海道学力コンクールの総合資料が届きました。塾生には今日から授業中に配付いたします。講習生には郵送の準備ができ次第発送いたしますので、いましばらくお待ちください。

成績優秀者として賞状も届きました。この賞状は中1・2は全道50位,中3は全道100位以内の生徒に贈られます。TANJI生の成績優秀者は以下の通りでした。お見事!

中1:28位,36位,45位
中2:3位,34位
中3:4位,25位,25位,29位,66位,78位,87位

また、中1の5教科総合成績上位者(247点以上)には29名,科目別成績上位者は国語(55点以上):9名,数学(57点以上):19名,社会(56点以上):6名,理科(58点以上):9名,英語(58点以上):12名でした。多くの生徒が結果を残してくれたと思います。

総合資料の講評にも書かれていましたが、道コンは高校に合格できるかどうかを見るものではなく、目標に対する現在の位置を確かめるものです。これからも目標をはっきりさせて学習を進めましょう。

新しい制服で登校した新中学1年生

新中1数学担当の加藤です。

4月8日(月)からTANJIの新年度の授業が始まり、新中1もこの日から授業が始まりましたが、公立中学校の入学式が翌日だったので、4月8日は私服での登校でした。

今日は入学式後なので新中1は新しい制服で登校してきました。

生徒同士で「かっこいいなぁー」「似合うねー」と互いに言い合っている姿がとても微笑ましかったです。

みんな、ピカピカの1年生です。この生徒達をしっかりと指導していく覚悟がさらに増してきました。ぼく自身はピカピカとは言えませんが、いまワクワク感でいっぱいです。

保護者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m