Nebe's English Class News Vol.10

こんばんは、渡邊です。
今日の中1英語で、僕の冬期講習会が終了しました。
12月21日の高2英語Zからの長丁場でした。
とにかく無事に終わってホッとしています。
頑張ってくれた生徒の皆さん、ありがとう。

中1は、2学期から僕が担当することになって、とにかく心配で心配で。
まず、根本的に英語ができない(笑)
それに加えて、生徒たちそれぞれが自信を持っていない。
自分を過小評価しているんですね。
だからまずは、生徒に自信を持ってもらうことから始めなければなりませんでした。
それに思いのほか時間がかかりました。
まだまだ道半ばでうまく行っていませんが、少しは見通しが立ったかなと思っています。

これからも気苦労が多い学年なんだろうなとは覚悟しています。
でも、少なくとも生徒たちは素直で自分の話を聞いてくれますし、自分にもいろんな話をしてくれますから、何とかなるだろう、何とかできる、そう思っています。
この冬も社会の授業を犠牲にしてまで英語をしました。
社会をしている場合ではないと思ったからです。
英語にかける時間が欲しかった。でも、それは正解だったと確信しています。
3学期からが楽しみです。

中1の皆さん。
たくさん色んな話をしましょう。たくさん勉強しましょう。
たくさん本を読んで、たくさん映画を見て、たくさん人と話をしましょう。
そしてするべきことから逃げることなく努力しましょう。
努力することが楽しい、そういう学年にしたいと僕は思っています。

そして高2。
どこに出しても恥ずかしくない努力集団かつ実力者集団であることは昔から疑う余地がありません。
その集団がいよいよ本気を出し始めた。カッコイイです。
目標に向かってがむしゃらに努力する姿は本当にカッコイイ。大好きです。
5年前の担当直後からこの学年に恋をしている僕ですが、今のキミたちは本当にステキだ。

僕のこれからの仕事は、
キミたちに適度に緊張感を与えつつ、適切な情報を提供するだけです。
もうキミたちは真っすぐ走っているから、軌道を考える必要はありません。
追い抜かれないようにだけ気をつけなきゃね(笑)
もうひとつ、絶対に気をつけたいことは、足元を見ること。基本を疎かにしないこと。
難しいことにチャレンジするなら、なおさら基本が大切です。
僕もその点に気をつけて、キミたちの授業を考えたいと思っています。

抽象的で難しい英文を高2と読んだあとに、3単現のSを中1に教える新鮮さ。
そんなギャップを幸せだと噛み締めながら、3学期も過ごしたいと思います。
勝負の高2。躍進の中1。
キミたちの力になれるよう、僕も全力でがんばります。
3学期もよろしくお願いします。

Nabe's English Class News Vol.8

こんばんは、渡邊です。
今日は授業がないこともあって油断したのか、
何度も起きたのに、結局お昼前まで寝てました。
こんなのは久しぶりだなぁって思いつつ、
ああ、年末なんだなってようやく実感しました。

今年も本当にありがとうございました。
生徒たちの信頼と、保護者の皆様のご理解があって初めて、
僕の仕事が成り立っています。
そして、それに応えようとすることで、
今年も自分は成長できたのだと思います。
まだまだ至らない点は多々あることは自覚しています。
それでも背伸びをせず、今の自分が出来ることを全力でしていく決意です。
来年も、どうかよろしくお願い致します。

現高2を高3まで担当したときが僕の英語科講師のひとつの区切りだと思って、
この学年を中1で担当しました。その決意で頑張ってきました。
あと1年です。
途中で現中1を担当することになったけれど、
中1も同じです。僕の大切な生徒たちです。
今の僕のすべてを僕が担当するすべての生徒に伝えられるように、
2017年を過ごす決意です。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

Nabe's English Class News Vol.7

こんばんは、渡邊です。
本当にお久しぶりでごめんなさい。
とっても間隔が空いてしまいましたが、
最近思っていることを少しだけ。

高2。
全体的に、雰囲気が変わってきましたね。
いよいよ、って感じになりました。
いい時期の変化だと思います。

もう講習会が終わってしまったけれど、例えばZクラス。
ツライ講習会だったとは思いますが、
間違いなく成長しましたよね。僕はそれを実感しています。
これからは何でも出来るクラスになりました。
いよいよ、みんなで高みを目指せますね。
楽しみです。
ABコースだって、この講習会はステップアップです。
こんなに頑張っているのにまだステップアップするのか?
そうです。まだまだこれからです。
でも、また新しい世界が見られますよ。

中1。
この講習会は英文とじっくり向き合って欲しいと思っています。
僕はテキストとかは基本的に使わずに、
教科書と、自作のプリントを使う主義なのですが、
今回は両クラスともテキストを使うことにしました。
その理由は、
なるべく自問自答しながら英語と接する時間を持ってほしかったことと、
その隙間を埋める仕事に僕が終始したかったからです。
ちょっと難しい話になりましたが、
とにかく一生懸命にテキストの英文と格闘してくださいね。
そして僕の解説を一生懸命に聞く。
絶対に良い結果しか待っていませんから。

お互いに大きなものを得られる年末年始にしましょうね。

Nabe's English Class News Vol.6

こんばんは。渡邊です。
結局こんなにご無沙汰な投稿で言い訳もありません。
ですが、
思うところが多ければ多いほど、言葉を探し、言葉を選ぶ。
その繰り返しだったと思っていただければ幸いです。

今年度出会ったある生徒の話。超優秀な生徒です。
その生徒は考えるんですね。
疑問が生じても、その疑問を整理して、自分の言葉になるまで考える。
自分の言葉で質問したい。
論点を整理して、自分なりに究極に疑問を突き詰めてから質問に来る。
その後の僕とその生徒の話は面白くて、
僕はもはや質問を受けている訳ではないんです。
一緒に同じ問題を同じ方向を向いて考える。
その過程が何と楽しいことか。

今だに未熟な僕ですが、
もう思い出せば恥ずかしいほど未熟な頃に、
そんな経験をしました。
そんな過程が楽しくて、
結局この仕事をしているんだということを思い出しました。

勉強は、学問は、絶対に自発的なものでなくてはなりません。
でも、そのきっかけを与える責務が自分にあることを、
改めて痛感しています。
暗記、宿題、テコ入れ…それもいい。
でも、自分に勉強が必要だと思うのか思わないのか。
やらされるのを良しとするのかしないのか。
自分で考えろって話です。
環境は全て整っている。君はどうする?

その問いかけが一番大切だと思ってきたはずなのに、
どこか忘れた感があって、
でも、その基本に立ち戻った2016年の後半でした。

高2も、中1も、
残念ながら担当が僕なのですから、覚悟してくださいね。
高2の決起集会?それは個々人ですることです。
決起とは自発的なものでしょう?
なぁんて言うから誘われないのかな(笑)

ちなみに最近、
もうひとつステキな出会いがあったのですが、
これは自分のあり方を変えるようなものでした。
その話はまた別な機会に。

そろそろ根雪なりそうですね。
この雪が溶ける頃の自分に期待して、
毎日を過ごしてくださいね(^^)

Nabe's English Class News Vol.5

こんばんは、渡邊です。
今日は中学1年生の保護者懇談会がありました。
お忙しい中、参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

生徒たちが置かれている状況を説明しながらいろいろな話をしましたが、
結局は生徒たちが大切なんです。
今日も授業終了後に生徒たちとあーだこーだ話しました。
本当に身勝手で何も考えていなくて、
自分の要求だけを突きつける連中です。

でもそれは、何も珍しいことではなくて、
逆に僕が彼ら彼女らのために何ができるのか。
そのために大人は存在するんです。
僕はそう考えています。

甘やかすつもりは一切ありません。
彼ら彼女らはとことん苦労すればいい。
でもそれに寄り添うことが、僕らの責務なんだと思います。

僕がこの中1をいつまで担当できるかは分かりませんが、
担当している限りは、どんなことであっても、
たくさん話ができるようにしたいと思います。
中1から担当した現高校2年生たちと同じように、
その前に卒業した学年と同じように、
何でも率直に話せる関係を築いていきたいと思っています。

一生懸命努力しますので、今後ともよろしくお願いいたします。