Nabe’s English Class News Vol.15

こんばんは、渡邊です。
久しぶりの投稿です。
この間、大学入試の2次試験があり、
大学入試の前期合格発表があり、
高校入試がありました。
もう僕たちにはどうしようもない現実を受け入れながらも、
これからの生徒たちにどのように伝え、どのように生かすかを考えていました。

 

僕が現高2や現中1の生徒たちに伝えたいことは、
やっぱりひとつなんです。
「学問に王道はない。」それだけです。
もう少し具体的に言うと、言い過ぎかもしれませんが、
誰もがうまくいく方法論なんてないんです。
ナベが教えようが、誰が教えようが、教えてることは同じなんです。
大切なのは受け手であるキミたちです。
生かすも殺すもキミたち次第。

 

大切なことは、考えることなんです。
方法論を探すのではなく、疑問を潰していくことなんです。
僕はいつも言いますが、
難しい問題を解くために必要なことは、難しい問題を解くことではないんです。
常に基本に立ち戻って、自分の理解に齟齬がないかを考えることなんです。
その上で、徹底的に練習することです。
授業はそのきっかけのひとつでしかないんです。僕はそう考えています。

 

僕はたくさんの文献を持っていますが、
皆さんからの質問に戸惑ったときに参照する文献は本当に少数です。
暗記するほど読み込んだ文献なのに、新しい発見がある。
読んだつもり、理解したつもりなんですね。
自分の勉強の浅さにいつも反省します。
でも勉強って、そういうものだと思います。



これからも、キミたちのシビアな質問に向き合いながら、
一緒に勉強していきたいと思っています。
そこに本気の自分がいるならば、勉強は楽しい。
本気になりましょう。本気でぶつかりましょう。
それが僕たちの学年の良いところだと、僕は思っています。


暦の上ではもう春です。
よろしくお願いします。

Nabe’s English Class News Vol.14

僕の仕事はキミたちを英語という科目の本質と向き合わせて、
自分の頭で考えられるようにすることだと思っています。
その過程に定期試験や実力試験、模擬試験があるかもしれない。
でもそれは目的ではなく手段であって、
それも活かしながら道の真ん中を進んでいってほしい。
そう思っています。

だから、中1にとっての定期試験直前期は大切な時間です。
英語に限らず、目の前の問題と現実の自分に目を背けることなく、
何が足りないのか、何が必要なのかをきちんと考えて下さい。
高2はひとつひとつの試験を勉強の素材として活かして下さい。
誰の点数が良いとか悪いとか騒いでいるのはみっともないですよ。
そんなことは本当にどうでもいい。
自分自身と真剣に向き合って下さい。

とは言え、中学生にとっての定期試験は死活問題ですから、
これからの2週間は徹底的に問題練習をしましょう。
授業がしたくてしたくて仕方ないのだけれど我慢します(笑)
高2は復習に次ぐ復習の日々を送ってくれればと思います。
出会った文法事項、語彙、英文の内容、出来る限りのことを吸収してくださいね。

暦の上ではそろそろ立春です。
ステキな春になるように、お互いに毎日を過ごしましょうね。

【公立中3】学年末試験対策のお知らせ

公立中3生および保護者様 各位

冬期講習お疲れさまでした。
時の流れるのは本当に速いもので、あっという間に3学期始業式・学年末試験を迎えようとしています。
さて、下記の日程で学年末試験対策および補講を行いますので、対象者は参加してください。

1月14日(土):学年末試験対策 (対象は選特クラス以外)
         13:00 – 19:00(英・数・その他)
1月22日(日):英語補講(対象者は道コンのクラス別目標点に満たなかった生徒)9:00 – 16:00

【公立中3】 高校入試特訓講座のお知らせ

中学3年生のお子様をお持ちの保護者様

公立高校入試まで残すところ1か月余りとなりました。TANJIではこれから入試までの間で、得点力の伸びがもっとも期待できる理科・社会を中心とした5教科入試直前特訓を実施いたします。詳細は添付のファイルをご確認ください。この機会にぜひお申し込みいただければと存じます。
①日程:1月28日(土)<最終合格判定模試>・1月29日(日)・2月5日(日)・2月12日(日)・2月19日(日)・2月26日(日)・3月3日(土)
 <全7回:講義・演習時間54時間+模試5時間>
②時間:9:00~19:30 但し、1月28日(土)は13:30まで
③教科:社会・理科を中心とした受験5教科
④費用:TANJI生25,000円
       講習生40,000円
      一般参加60,000円

中3入試特訓案内